研究分野

近年, コンピュータの飛躍的な進歩により, データの獲得と蓄積が容易になった. そのため, 大量のデータから有益な数理情報を引き出す技術が数多く開発されてきた. 数理情報の解析は, データの収集, 加工, 蓄積, 管理, マイニングなどを主眼とし, 工学, 医学, 生命科学, 社会科学, 心理学, 教育学などの分野において広範に活用されている. 大量のデータを用いた数理情報を解析する場面においては, 常に統計的な正当性を意識しなければならない. 確率的な不確実性を伴う社会現象を取り扱うに当たり, 統計学的な方法論が重要な体系である. 本研究系では, 重要データの抽出, 概念の創出, 法則の発見, 既存知識の検証, データに立脚した推測・予測・制御・管理技術の立案などに関する研究を行なう.

研究員

  • 情報工学科 准教授* 阪口 昌彦