設立目的

1961年設立の大阪電気通信大学は, 2011年に開学50周年を迎えた関西では古参の工学系私立大学である. 特にエレクトロニクスを中核とした研究者の層も厚く, その実績と実力については, 学会, 社会等における本学の評価は関西地区の他大学と比較して群を抜いているといっても過言ではない. 大学院の開設が近隣大学と比較して非常に早い時期に実現されたことも本学の研究者層の厚さ, 研究実績を示すものといえよう.

本学の情報関連の研究施設として, 「情報学研究施設」が2011年4月1日に設立され, 数々の講演会, 研究会, 国際会議の開催, 共同研究の実施など, 情報学に関わる研究活動を続け,その活動報告をannual report として,毎年発行してきた. その後, 本学の歴史, 現状などを総合的に判断した結果, 2016年4月1日に「情報学研究所」へ名称変更した。

情報学研究所は視覚情報学研究系, 社会・人文情報学研究系, 情報教育学研究系, 計算機基礎学研究系, 数理情報学研究系の5つの研究系を設け, 新たな共同研究を創出し, 情報学関連分野の研究活動のさらなる発展を目指す.

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional